2014年09月03日

アナと雪の女王に学ぶ「ありのままの自分」の受け入れ方

遅ればせながら「アナと雪の女王」を観ました。

話題が一人歩きしてるだけなのではないかと思ってましたが、実際観てみると意外と面白く、少しずつ引き込まれていき、最後には感動してました。



主題歌「レット・イット・ゴー~ありのままで~」は思わず歌いたくなりますね。カラオケでありのままの自分をさらけ出しながら熱唱したら、さぞ気分がいいことでしょう。

♪「ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの」

劇中では雪の女王ことエルサが自分のこととして歌い、最後に主題歌としてもう一度流れフィナーレを飾ります。

ありのままの自分。

劇中でのエルサは、2段階の受け入れ方をしていました。
1段階目は、隠していた魔法の力が皆にばれ、逃げるように開き直った孤独な自分。
2段階目は、皆(特に妹アナ)と一緒にいたいという真実の愛に満ちた自分。


パチンコとの向き合い方、禁パチにも同じことがいえるんじゃないでしょうか。

ありのままの自分。
パチンコをやりたいという気持ちと、やめたいという気持ち。

やりたいという気持ちを受け入れてしまっては、1段階目のエルサのようにただ逃げているだけ。やめたいという気持ちこそ、本当に心から望む真実の自分。表面的な刹那の「ありのまま」に流されるよりも、深奥に秘めた永遠の「ありのまま」を受け入れることができれば、従心〜禁パチ70日目にして心の欲する所に従えども矩を踰えずとなることができるはずです。


禁パチ76日目でした。



ところで、アナと雪の女王が聖闘士星矢に似てるという記事がありましたが、どこが似てるんでしょうかね。アニメオリジナルの北欧アスガルド編と舞台の雰囲気が似ているだけで、後は全然。言いがかりもいいところですよね。それでは聖闘士星矢に対しても失礼ちっ(怒った顔)
posted by やめる at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 我流禁パチ道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404853784

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。