2014年10月23日

1300年前には禁パチならぬ「禁双六」をしていた人がいた!?

目ギャンブルを読む ■統治者が推進する時代に

カジノ解禁法案が成立したら日本はどうなっちゃうんでしょうね。
そっちも気になりますが、個人的にこの記事で目を引いたのは、賭博禁止の歴史。


>賭博の禁止は持統天皇が『雙六(すごろく)禁止令』を出してから1300年ぐらい続く


本689年 双六禁止令


689年というと、奈良時代(710年〜)の一歩手前の飛鳥時代ですか。

ここでいう双六は現在我々が想像するもの(絵双六)とは違い、「盤双六」という古い形のバックギャモンだそうです。

バックギャモンは二人で盤上に置かれた各15個の駒全てをゴールさせる早さを競うもので、サイコロを使った運の要素が強く、中毒性のある賭博として危険視されたのだとか。

それゆえの双六禁止令。

1300年前には禁パチならぬ禁双六があったってことですよ。
しかも法的拘束力まであります。

今から1300年後にはパチンコとは別のギャンブルが社会問題になっていて、同じく禁○○をする人たちがいるんでしょうかねえ…( -_-)

禁双六じゃなくて禁パチ126日目でした。



ところでバックギャモンといえば、それをもじった「妖逆門」(ばけぎゃもん)というアニメがありましたね。「うしおととら」の作者である藤田和日郎先生が関わっているということで話題にもなりました。現在の妖怪ウォッチに通じる要素も見受けられます。

最近の妖怪ブームに乗じるなら、七つの大罪を犯した実写版ぬ〜べ〜じゃなくて、妖逆門の続編を作るとか、うしおととらを原作に忠実にアニメ化するとかやってほしいですよ(*・○・)=3


NEW【パチンコ新台の噂】CRうしおととら・CR仮面ライダーV3・CR仮面ライダーBLACKの噂も!!

って、そっちに来ちゃダメあせあせ(飛び散る汗)
posted by やめる at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 禁パチ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。