2014年10月26日

ドラえもん のび太のギャンブル依存症

【ギャンブル依存症】人生破綻、家族も翻弄 カジノ解禁「深刻化招く」(共同通信)

カジノ解禁は一体何のためのものなのでしょう? 国家財政を潤すため? では、何故それがカジノなのか。たとえギャンブル依存者を増加させることになろうとも、もはやカジノに頼るしかないほど日本の経済は逼迫しているのでしょうか? 経済はそう単純なことではないのかもしれませんが、カジノが解禁されたらギャンブル依存に陥る人が増えるのは単純な理屈…なんでしょうかね。


禁パチ129日目。

129といえばドラえもんのスペック。(正確には129.3)
2112年9月3日生まれ、身長129.3cm、体重129.3kg、出力129.3馬力など。


のび太はドラえもん(の秘密道具)にかなり依存してますよねえ。中でも特に依存症とその恐怖を示した道具とエピソードに「デビルカード」というものがあります。

(デビルカード自体はドラえもんの秘密道具ではなく、のび太が「悪魔を呼び出す道具」から悪魔を呼び出して入手したもの)



デビルカードは1回振ると300円が出てきます。
その点はまるで打ち出の小槌ですが、デビルの名の通り、とんでもない代償が存在します。

1回300円出すごとに身長が1mm縮む。(精算は毎日0時)

自分の身長を超える金額を出してしまうと、体が消滅してしまいます。
身長129.3cm=1293mmのドラえもんなら、387900円以上で完全消滅ですが…

身長1cmと引き換えに3000円手に入るわけです。

のび太のような小学生にとって3000円は大金ですし、成長期だから多少縮んでもすぐ伸びるから、ちょっとだけなら大丈夫だからと、迂闊にも手を出してしまいかねません。

1mm単位というのがまた実に巧妙なんですよ。
あとちょっと、あとちょっとだけ、あともうちょっとだけ。
と繰り返しているうちに、気付いたら取り返しのつかないことに…((((;゚д゚))))


これぞギャンブルの本質という感じですね。

さすが漫画の神様といわれる藤子・F・不二雄先生というか。神様転じて悪魔というか? カジノ解禁が本当に悪魔との契約にならなければいいのですが…
posted by やめる at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ブログ名に惹かれて、辿り着きました。ブログ、どれもこれも面白かったです!
スロットがなかなかやめれずな私なので、絶対負けることをわかってても、でも勝つかもという考えでいっちゃいます。
しかし、デビルカードおそろしや( ̄(工) ̄)
Posted by 駄目OL32歳 at 2014年10月30日 20:17
どうもコメントありがとうございます。
お返事が遅れてしまい申し訳ございませんでした。

私はスロットにはハマらなかったのですが、
パチンコではまさにデビルカードの状態でしたね。
後ちょっと、後ちょっと、後ちょっと…

程々に楽しめれば、それに越したことはないのですが。
Posted by やめる at 2014年11月04日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。