2014年10月16日

アニメからパチンコに入ることはあっても、パチンコからアニメに入ることはない?

私は、とある好きなアニメがきっかけでパチンコにハマってしまいました。
その「とあるアニメ」については、いずれまたの機会に?

最初はそのアニメの台を少し試すだけで済ませるつもりでした。
しかし、他にも好きなアニメや漫画をモチーフにした台が結構あるじゃないですか。

代表的なのが「エヴァンゲリオン」に「北斗の拳」。

今や定番となっているこの2シリーズにまんまと惹きつけられてしまいました。
そして、今度こそやめようと思った時期を見計らうかのように、「キン肉マン」「聖闘士星矢」など心を揺さぶられるタイトルが出現し、ズルズルと泥沼に…

特に好きではないアニメがモチーフでも、知っているというだけで打ってしまった台もあります。というか気付いたら、アニメモチーフではなくても、とりあえず新台が出たら打ってみようとまで思うようになっていました。海とか仕事人とかたらーっ(汗)


では逆に。
パチンコからアニメにハマるということはあるでしょうか?


ないとは言い切れませんが、動機としては弱いですね。
私もパチンコで初めて知り、興味を持ったアニメはいくつかあります。

・アクエリオン
・エウレカセブン
・コードギアス


etc...

ロボットアニメが多い、というのは置いといて。
これらアニメに興味は持ったものの、実際に観ることはありませんでした。
DVDをレンタルしようかなと思っても、レンタル代が全てパチンコに消えてしまうんですもの…もうやだ〜(悲しい顔)


アニメ⇒パチンコ はあっても
パチンコ⇒アニメ にはなりにくいです。

アニメ⇒パチンコ という流れは、例えるなら滑り台を滑り落ちるようなもの?
しかもよく滑るし、落ちた先は泥沼というか蟻地獄というか。
這い上がるのは困難と言わざるを得ません。


好きなアニメのパチンコ台を打ちに打ちまくった結果…
思い出が汚された、とまでは言いませんが、思い出を消費してしまったという感じですね。そのアニメに対する「好き」という思いが徐々に削られていったような気がします。

そして今、徐々に思い出を回復しつつある禁パチ119日目でした。
ピーポーピーポー病院
posted by やめる at 18:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | パチンコ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

1パチで稼げるか? 5スロで稼げるのか!?(反語)

1パチ、5スロ。
通常の4分の1の投資で遊べるパチ・スロがあります。
4パチや20スロよりもリスクが少なく、手堅く儲けることができる!

…わけはありません。

投資が少ない分、損害も少なくて済むというだけ。
日本のパチンコ愛好者が負ける金額は年平均23万円といわれています。
多かれ少なかれ負ける運命は避けられないということです。

勝つよう立ち回ることもできなくはないのでしょうが、結局は回転率だとか稼働率だとか時間効率だとか期待収支だとかいう話になりますよね。

スロットのほうは詳しくないのでよく分かりませんが、個人的な経験からいうと1パチは4パチよりも回転率が悪いです。1パチのほうが4パチよりもさらに「勝てない」よう調節されているんです。0.5パチになるともっとガチガチ。それなら時間効率、期待収支的に4パチに投資したほうが、長期的に見てまだ「負けない」ような気がします。

パチンコは程よく楽しむ遊びです。

パチンコ屋でよく見かける標語。
確かにその通りで、パチプロを目指すのではない限りは、パチンコは負けることを前提に、「たまに勝てたらいいな」くらいに思ってやらないと身がもちません。だったらスッパリやめるか、宝くじでも買ったほうがまだ夢が持てるというもの。

パチンコで稼げればイイナと思ったこともある...( -_-)
禁パチ117日目でした。
posted by やめる at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

日本のパチンコ愛好者が負ける金額は年平均23万円?

カジノ議連、カジノ法案は誰に利用されているのか

日本でのカジノ解禁に向けて着々と動いているんでしょうかね。
パチンコ換金合法化という話もありますけど、はてさてふふーん雨


上のリンク先の記事で目を引いたのは

>シティは日本では1260万人のパチンコ愛好者が平均で23万円負けていることを参考に、カジノに年690万人の日本人が訪れ、一人につき17万負けると試算している


という部分。

>日本では1260万人のパチンコ愛好者が(年)平均で23万円負けている

この一文を見て、改めて思いました。
パチンコは負けるために打ちに行っていたのだと。

パチプロを目指すのではない限り、儲けることを考えてパチンコを打ちに行くのはやめておいたほうが身のためってことですね。普通の打ち方をしていては、たまに勝つことはあっても結局は飲み込まれる運命にあります。

パチンコで勝ち続けるということ

釘の読み方だとか立ち回り方だとか、回る台を可能な限り回せとか、朝一だとかハイエナだとか、そんなハンターみたいな生き方はご免です…

禁パチ116日目でした。
posted by やめる at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

終戦記念日は敗戦記念日

今日は終戦記念日。
金曜ロードショーでは「硫黄島からの手紙」をやってます。



・負けてこそ

曖昧な「終戦」ではなく、はっきり「敗戦」としたほうがいいという意見もあります。
そうなんです。日本は戦争に負けたから戦争を終わらせることができたのです。

同様に、禁パチのきっかけも大抵は「敗戦」なのではないでしょうか。
大勝ちしてパチンコを終わりにすることってなかなかできません。
負けて痛い目を見て、今度こそやめるかと決意するのがほとんどです。

そういう意味でも、終戦記念日より敗戦記念日としたほうがいいかもしれませんね。
負けてよかった、終わりにできてよかったと、いい思い出にするためにも。

パチンコで勝ち続けるということ
それはもう趣味の域を超えたハンターの生き様です。

日本ももし戦争に勝っていたら。
どこまでも戦争し続けていたかもしれません。
私も今こうして暢気に禁パチブログを書いてる状況ではないかも?



10月30日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト「大戦略 大東亜興亡史 第二次世界大戦勃発! ~枢軸軍対連合軍 全世界戦~」ではそういうIF(もしも)の歴史を体験できるみたいですね。

いつか本当に戦争がゲームの中だけの出来事になりますように(-∧-)合掌・・・


パチンコもゲームといえばゲームですが、リアルにカネが絡むせいでマネーウォーズというか殺伐としてしまいますからね。ほどほどの趣味に留めておくのは難しいです… 禁パチ57日目でした手(チョキ)
posted by やめる at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。